トヨタ流マネジメント

ホワイトカラーの管理レベルを高める

一時期の危機を乗り越えて業績を回復させたことから、「トヨタ流」に再び注目が集まっています。中でも、トヨタ自動車の管理者が部下をまとめて職場をコントロールし、きちんと成果に結びつけられる秘密を知りたいという声が他社から挙がっています。一方で、「トヨタの生産現場だからできること」「簡単には真似できない」といった意見も聞こえてきます。そうした声に応えて、本セミナーでは、トヨタ自動車以外の会社で、しかも、生産現場ではないホワイトカラーの職場が、確実に成果を生めるようになるトヨタ流のマネジメント「TMS:トータル・マネジメント・システム」を指導します。

講師は、ホワイトカラーを対象にTMSを教える改善塾を長年指導してきました。「人づくりに投資しても効果が上がらない」「改善なんかしている暇はない」「一瞬はいいけど、すぐに戻ってしまう」といった悩みを抱えているホワイトカラーの職場で役立つ改善リーダーを指導しています。

本セミナーでは、まずトヨタ自動車の職場の元気(活力)はどこから生まれてくるのかについて、マネジメントの視点で捉えていきます。どのような「人財」を育成し、組織、企業の活性化につなげていけばよいのか、混迷する状況から脱皮するためのマネジメントのあり方を考えます。トヨタ流の「常に進化し続ける」という哲学を踏まえると、マネジメントのあり方も、常に時流に基づいて変わるべきものと変わってはいけないものがあることを解説します。

トヨタ自動車の強さを支えるものに、「トヨタ生産方式(TPS:Toyota Production System)」があります。しかし、TPSの考え方をそのままホワイトカラーに持ち込んでも、一瞬は成果が出ても、活動が継続せず、職場が活性化されずに失敗するケースがほとんどです。そうしたケースを自ら経験する中で、講師はトヨタ流マネジメントの根本思想を受け継ぎました。そして、どのようにホワイトカラーに浸透すれば、管理レベルが高まるかについて研究してきました。本セミナーは、その研究に基づくプログラムです。

講師は、国内では富士通やトヨタ自動車など、海外では米国の飛行機メーカーをはじめ、韓国や中国、英国企業において豊富な指導経験があります。これらの企業の開発や営業、総務、経理、企画などの間接部門や、サービス提供部門への指導経験を基に、職場を活性化し成果に結び付けるトヨタ流のホワイトカラー向けマネジメント方法について、ワークショップ(演習)や事例を交えながら分析し、解説します。

本セミナーはサブテキストとして、講師が著した『トヨタ流の教科書【TMS編】確実に成果を生むホワイトカラーの職場活性化の秘策』とセット販売もいたします。(この書籍がなくても本セミナーは受講できます)。

【受講効果】

  • マネジメントとは何かを根本的に知ることができます。
  • 自分のチーム、組織の生産性、QCDを上げるための考え方を知ることができます。
  • 営業と開発現場が一体となった売上げ、利益の向上のための方法を知ることができます。
  • TMS導入によって組織の文化・風土を変えていくための方法を知ることができます。

【講師紹介】

高木 徹 氏 (たかぎ とおる)

豊田マネージメント研究所 副社長

2006年、トヨタ自動車e-TOYOTA部に出向、基幹職。2007年、富士通生産革新本部TPS推進担当部長、2008年に富士通自律改善推進室プロジェクト部長を歴任。2009年10月、豊田マネージメント研究所副社長に就任して、現在に至る。

<活動>
TPS検定協会理事(TMS検定作成委員)、英・IT企業にTPS指導、米・飛行機メーカーへTMSと改善塾を導入、中国・BPO会社へTMS導入 、日本のITベンダー、ソフト会社、ガス会社、金融系情報子会社、製造業のホワイトカラー部門などに導入、2013年 富士通グループ改善塾 講師。

<執筆>
『実践!!IT屋のトヨタ生産方式』(風媒社)、『プロセス改善 ナビゲーションガイド ベストプラクティス編』(オーム社)

【概要】

日時: 2016年3月8日(火)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場: Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催: 日経ものづくり
 お申し込みはこちらから (終了しました)