マネジメントとは何かを知りたい

トヨタ式と欧米型マネジメントの大きな違い

世の中にはさまざまなマネジメントがあるが、TMS のマネジメント論はチームを活性化することでチームや組織の能力を最大限に引き出し、結果的に成果につなげることだ。その意味では欧米型の資本主義的マネジメントとは質が大きく異なる。

TMS は、TPS(Toyota Production System:トヨタ生産方式) における方法論よりもTPS で培われてきたマネジメントの考え方をホワイトカラーでも使えるように抽出したものだと考えていただければわかりやすい。

TPS の原理・原則はムダの排除にある。この考え方は企業運営をしていく上で根底に必要な考え方であり、いつの時代にも変わってはいけないものである。しかし、ムダの排除という考え方をホワイトカラーに適用しても達成感、やりがいには結びつかない。そこでTMS の場合には、人間の本質である達成感、やりがいに結びつく活動を主眼においている。補足するが、この場合の本質とは本能などの欲という意味ではない。人間が人間らしく理性を保つ中で感じる喜びのことを指している。

誤ったマネジメントは国家的損失

部下は上司の仕事ぶりを見て育つ。ほかの部署の上司の仕事ぶりはなかなか見ることができないので、よほどおかしな行動をしていない限り、上司のマネジメントスタイルをまねるようになる。
しかも、仕事の働きを金で釣ろうとするような何も考えないマネジメント(これは正しくはマネジメントを言わないが)をマネジメントだと誤って刷り込まれてしまう。これも不幸と言わざるを得ない。このように、何も知らないために不幸になっている社員、生産性が発揮できない社員が日本の企業の中に何百万人もいることは国家的な損失だ。

マネジメント教育は上司が部下を直接指導する場合が10~90%だと言われている。その他は一般教育やほかの部署からの指導などが若干あるが、このバラツキは非常に大きい。部下育成に熱心な上司と社外に常駐しているという理由から何も指導しない上司、教育に興味がない上司、部下の方が優秀で部下に指導できない上司などいろいろとあるが、仕事の考え方、やり方について指導していない上司がかなり多いと言われている。

組織文化・風土を意識した三原則

TMS では、基本的に下記の原則を前提として活動をする。この原則が受け入れられない場合は、塾活動を行う意味がないので入塾条件から外れることになる。

①小集団(チーム)活動を基本とする。
②目で見る管理を活用する。
③ デイリー(日々)のマネジメントを基本とする。

これは、知っている人からするとQC 活動と同じではないかと思われる人がいるかもしれないが、普通のQC 活動とは中身が異なる。組織文化・風土を意識した活動と単なる品質の観点で見た活動の違いがある。多くの会社は、トヨタと違って共通の価値観や原則が組織文化・風土として根づいていない。その上にQC 活動をいくら行っても共通の価値観や原則が土壌として根づか
ないため、目先の成果を追究することになってしまう。

TMSは、根本的に狙いが「人間力」「チーム力」にあります。
個人やチームの仕事のやり方を変えて、個人が成長しチーム力が向上することで組織の生産性の向上を目的としています。
①問題解決型の改善、②業務目標に従って指標を設定するだけの活動。とは全く「質」が異なります。

TMS プログラム

TMS は、人の基盤を醸成することで、人による仕事のバラツキを低減するノウハウと教育カリキュラムが整備されており多くの一流企業で採用されています。
まずは知識習得、一日セミナーからはじめてみませんか?

TMSプログラムの詳細はこちら
TMS4級認定プログラム

多くの企業が取り組んでいるTMSプログラムについてチェック!

 

関連記事

  1. 日本の生産性が低い真の原因

  2. TMSの認定と他の(国家)資格との違い

  3. 携帯アプリの開発チーム(動画)

  4. システム開発現場から組織文化を変えていく!!

  5. TMSはマネジメントの運転免許証

  6. 携帯アプリ開発の事業管理部門(動画)

Translate »