トヨタ流の教科書【TMS編】 確実に成果を生むホワイトカラーの職場活性化活動の秘策

内容紹介

「トヨタ流」がうまく機能していることは周知の事実だ。職場を活性化し、仕事を“カイゼン”している。その結果トヨタ自動車の生産性は高く、利益は大きい。それだけに外部からは「トヨタの生産現場だからできたことだ」「簡単には真似できない」と思われがちである。本書はトヨタ以外の会社が、しかも生産現場でないホワイトカラーの職場が、どうすればトヨタに近づくことができるかを説いた教科書である。

著者の高木徹氏は豊田マネージメント研究所という会社で、ホワイトカラーにTMS(トヨタ流・マネジメント・システム:Toyota way Management System)を教える「改善塾」を運営している。「人づくりに投資しても効果が分からない」「改善なんかしている時間はない」「一瞬はいいけど、すぐに戻ってしまう」といった悩みを抱えているホワイトカラーの職場で役立つ改善リーダーを育成している。

その経験を生かしてTMSを解説する。中でもTMSの重要な要素である「職場活性化活動」には特に力を入れた。トヨタ流の中で「見える化」の果たす役割にも触れる。さらに、メーカーだけでなく、エステティックサロンまでを含む幅広い導入事例を紹介する。

 

TMS教材本 ¥32,400 ※税込み、送料別

購入はコチラから