TMS4、3級(改善塾)において、「見える化」、「目で見る管理」などの手法を体験・実践し、チームのマネジメントレベルを向上させる経験をされた方を対象としています。

真の経営者となるための、高度なマネジメント手法、経営思想、哲学を身につけると同時に組織構造を変えていくためのトヨタ式の方法論を学びます。TMS3級取得者を中心にした大部屋活動(組織横断的な活動)を経験することで、非常に困難と言われているマトリックス組織の形成の仕方を学びます。TMS2級の実践を通じて、組織的・制度的な課題を解決し組織横断的に動ける真のリーダーを育てます。

真の経営、活きたマネジメントを学べるプログラムは他に類を見ません。MBA(経営学修士)取得者の大半の方から、TMS3級に対して賞賛の声を頂いています。

TMS4、TMS3級を取得していない場合でもプログラムを適用することは可能ですが、TMS4、3級取得者とは若干異なるプログラムとなります。

TMS2級プログラムでは、6ヶ月間以上(12回以上)の間、塾(大部屋)と自職場において下記の内容を実践して頂きます。

内容は、以下の12回で構成されています。
1.ミドルマネジメントに求められる力
2.職場自主診断
3.問題解決技法
4.組織横断活動
5.職場課題(真因追究)、見える化概論
6.職場課題の対策方法案検討、大部屋整備
7.異常処置、職場改善、大部屋整備
8.オフィスの安全管理
9.進行管理
10.人材育成管理
11.原価管理
12.研修まとめ報告会

特徴
•管理ではなく組織を変えるためのマネージャーの育成
•マトリックス組織(組織横断活動)の土壌作り
•3級卒業生組織の活性化とヨコテン
•生産性やQ,C,Dを追求するマネジメントの標準化

TMS2級の位置づけ

TMS2級を導入すると・・・

縦糸に横糸(TMS2級)を導入する