今までのマネジメントに 満足していますか?

TMSを知って「マネジメントの本質に気づいた」という方が多くいらっしゃいます。
まずは2/8に実施したセミナーで頂いたお客様の声をお聞きください。

Customers voice

ご参加いただいたお客様の声

TMSだけでなく、世の中の情勢を知る良い機会となった。日本が今どのような状況下におかれているのか、自分自身がそれに対して何も関心を抱けていなかったことを痛感した。これを機にもっと外に目を向けるということを心がけていきたい。
情報通信業
技術職
これまでの発想を根本から覆す内容だった。当社(自部署)のやっているマネジメントは、実は「マネジメントもどき」かもしれないという事を自社でも提言したい。本セミナーはTMSの概念や考え方が中心であり、かつ、目からウロコの内容が多かった。
製造業
技術職
TMSは他のマネジメント手法よりも結果を出しやすい内容になっている。今年からマネージャーになり色々と悩みが多いが、マネジメントについて参考になった。開発だけではなく、日々のマネジメント・経営もアジャイル的な考えが必要だと思った。
情報通信業
技術職

Customers reviews

セミナーの感想

初めてTMSを知った方のご感想です

TMSは他のマネジメント手法と比べて効果があると思いましたか?
効果があると感じた 95%
TMSを自社で取り入れたいですか?
取り入れてみたい 100%

実際にTMSを導入された企業様のお声はこちらから

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 自力で立て直せないプロジェクトを何とかしたい
  • マネジメント教育をやっても実業務で成果が出せなかった
  • 短期間でチームを束ねる人材を育成したい
  • チームが安定せずメンバー編成ばかりしている
icon06

TMSでマネジメントの本質を見直しませんか?

TMS(Toyota Way Management System、以下 TMSという)は、 マネジメントの本質を正しく理解し、実践を通じて活用できることを目的として研究され、トヨタ生産方式(TPS)の考え方をベースに生まれたリーンやアジャイルといったマネジメント手法から、より効果の高い要素を融合させて作られたトータルマネジメントシステムです。

よくあるご質問

お客様からお寄せいただくご質問を紹介します

トヨタ流というのは、豊田マネージメント研究所が、トヨタ自動車の経験者から経験知を抽出し、独自の理論で「マネジメント・システム」として体系化し教育プログラムとセットで新たに開発した組織改善プログラムです。したがって、どんな職種、業種に対しても適用できる、世界的にも類を見ないマネジメントのフレームワークとなります。
このトヨタ流のマネジメントフレームワーク(TMS)を導入することで、共通の価値観と行動原則を共有できるようになるため、高い労働生産性とイノベーションを起こす企業文化を早期に構築することが可能となります。

営業、総務、人事、などのあらゆる間接部門、設計、開発、運用、サービス、などすべての職種、業種に適用でき、職場を活性化することができます。

TMSを経営企画や新規事業開発など企画、研究系の部門に適用することで、仕事をしていく上での共通の価値観と行動原則が共有できるため、高い生産性を生み出しています。シリコンバレーで代表されるような海外のベンチャーでは、TMSをベースとしたリーンスタートアップを導入しており、デザインシンキングなどのベースにもなっています。

資料請求、研修プログラムについて
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせフォーム
Translate »