働き方改革の事例

<課題>
新たな企画やネタを出すことを上司から要求されているのだが、業務が忙しいという理由でなかなか出ない。

<TMS教育を受講>
脳科学や仕事の原理原則を知り価値のある仕事とは何かを考える様になるので、移動時間がムダであることを認識していた。しかし、これは削減することはできないので放置していた。ところが、週に2日自宅勤務ができる様になったため早速活用してみると劇的に生産性が上がることが確認できた。それは、TMS流の次の原理によるものだった。

①脳はぼんやりしている時に閃く。(Default Mode Networkの原理)
②正味・付帯作業を厳しく定義して行動できる。
③常に問題意識を持ち課題が頭にある。

この3つの原理原則を実行することで、50倍の生産性向上を検証することができました。
しかし、テレワークを行なっても①から③を行うための環境がないとそこまで生産性は高くないという結果が出ています。

お気軽にお問い合わせください。
・TMSプログラムについて聞きたい
・試験の詳細について知りたい
・教材の購入方法を知りたい
・費用を知りたい
・資料請求をしたい
・無料相談を受けたい
お問い合わせはこちら