研修プログラムのご紹介

TMS認定プログラム

TMS認定プログラムは、単に知識や技能などを修得することを目的にしている一般の研修とは異なり、研修で学んだ知識を実際の自分の職場で「実践」し、その結果を受講生全員で共有、その際に出た課題を見直し改善することで成果に繋げるといった組織全体としての風土づくりとなっています。
また、もう一つの重要な特長は、「価値観と原理原則」の共有です。

今までの仕事のやり方を新たなマネジメントスタイルの「管理」ではなく、”育てる”、”職場を変える”ための「行動」をチーム全員で定め、チーム員一人ひとりが日々実践していきます。その取り組みで見えた”習慣を変える阻害要因”をチームメンバーが共通の価値観として持ち、その阻害要因を日々のプログラムで潰していくといった地道で小さな改善を習慣化することで成果に繋げていきます。

認定プログラムを習得した人が多ければ多いほど組織は活性化し経営的成果と連動していきます。社員の30%の方がTMSの3級に達すると経営的成果との相関が強く出て来るようになってきます。

TMS2級に取り組めるようになった企業様では、マトリックス的な組織プログラムに入っていくため大きな経営的な成果と連動してきます。

認定プログラムの詳細に関しましては、各ページにてご確認ください。

TMS4級認定プログラム

TMS3級認定プログラム

TMS2級認定プログラム

階層別教育

例えば、新入社員教育では、「カイゼンの考え方を含むマネジメントに必要な”プログラムの見える化”、”職場づくり”など6つの要素の構成」などTMSの基本知識を、リーダー教育では、トヨタ流の人づくりをベースに、MBAより強力なマネジメント・プログラムを、上級幹部教育では、管理ではなく組織を変えるためのマネージャーの育成やマトリックス組織(組織横断プログラム)の土壌作りなど組織的・制度的な課題を解決し組織横断的に動ける真のリーダーを育てる教育を行います。

教育の詳細に関しましては、各ページにてご確認ください。

新入社員・一般社員対象

リーダー・新任幹部社員対象

上級幹部社員対象

下記の内容をお客様のご要望に応じて組み立ててご用意することができます。

1.自工程完結(TMS3級取得者対象)
2.A3で学ぶ問題解決と課題解決
3.整理整頓から学ぶチームビルディングと人間性向上
4.見える化によるホワイトカラーの自働化
5.ピーター・ドラッカーとトヨタ流経営の違い
6.プロジェクトマネージャー必須、マネジメントとは?
7.高回転型PDCAエンジン(KPTツール)
8.ムダ取りで生産性向上

「社員のやる気がない」「やる気はあるけど生産性が低い」「社員や上司がブラッシュアップするにはどうしたらいいの?」など、会社によって問題は様々です。
当社では、各会社様の問題点を改善すべくご要望に合わせてオリジナルの教育をカスタマイズすることができます。社内の風潮をよくしたい、生産性を向上させたいなど改善をご希望の方は是非一度お問い合わせください。大手企業様への実績や長年の経験から必ずご満足いただける、また改善へと導くカリキュラムをご提案させていただきます。

日経モノづくりセミナー

一時期の危機を乗り越えて業績を回復させたことから、「トヨタ流」に再び注目が集まっています。中でも、トヨタ自動車の管理者が部下をまとめて職場をコントロールし、きちんと成果に結びつけられる秘密を知りたいという声が他社から挙がっています。一方で、「トヨタの生産現場だからできること」「簡単には真似できない」といった意見も聞こえてきます。そうした声に応えて、本セミナーでは、トヨタ自動車以外の会社で、しかも、生産現場ではないホワイトカラーの職場が、確実に成果を生めるようになるトヨタ流のマネジメント「TMS:Toyota way Management System」を指導します。

日経モノづくりセミナーに関する情報は、各ページにてご確認ください。

新・トヨタ流講座

お気軽にお問い合わせください。
・TMSプログラムについて聞きたい
・試験の詳細について知りたい
・教材の購入方法を知りたい
・費用を知りたい
・資料請求をしたい
・無料相談を受けたい
お問い合わせはこちら