すべては、お客様のために
成果にコミットメントしています。

世の中には、「教育コンサルティング」、「マネジメント研修」、「人材教育」などをサービスとして提供している会社が数多く存在します。

今までの研修で本当に満足されていますか?

「人財育成」を考えるときに、どんなことに気をつけ、どんなことを基準に会社を選べば良いのか?

その答えがここにあります。

組織や社内風土を改善するために、コンサルティング会社に高額な金額を支払ったにも関わらず、「職場は何もかわらない」「とても良い勉強になった。」で終わるといった経験はありませんか?

数多くの効果、成果の実績を作り出してきたからこそ、お客様から選ばれる理由があります。

他社との違いは何か、そのうちの7項目をピックアップ!!


TMSのプログラムは、「実践と職場巡回」という、今までの「研修」や「コンサルティング」にはない強力な特徴を持っています。「集合研修」は、価格的に割と安価に済みますが効果としては低く、良い勉強をしたなというレベルで終わります。「コンサルティング」になると非常に高価になり、一時的な効果は出ますが、外科的な手術に似ており、体質のカイゼンがなされないため再発する可能性があります。TMSは、「研修」と「コンサルティング」の中間的な位置付けで研修費用より少し高い価格でコンサルティング以上の効果を出せるようにデザインされた組織カイゼンプログラムです。安かろう悪かろう、高いからうまくいくだろう。は、もう止めにしませんか?

改善塾を導入されたお客様の9割は、翌年も継続的に導入されています。TMS4級、3級取得者が増えるということは、言い換えれば、組織の文化・風土が変わりつつある指標でもあります。TMS取得者が増えることで、組織に共通の価値観が醸成され、一体感が広がっている実感を持たれています。

TMS3級プログラム(6ヶ月以上)の審査結果は、自分のマネジメント力が、全国、社内と比べてどれくらいの位置にあるのかが定量的にわかるようになっています。検定結果のデータを会社単位で見たときにも、会社自体が大企業病になっているかどうかも定量的に把握することができます。TMS3級プログラムの終了しないと幹部社員に昇格させないといった、登用の必須条件にされている企業さまもあります。

TMSは、通常の研修と異なり教室に閉じて行うものではありません。自分の職場に戻り、チームメンバーを巻き込んで過去の古い習慣を変え、新たなマネジメントレベルに引き上げることを実践していただきます。今までの研修では体感できなかった次元に職場を引き上げます。

TMS3級を実践した結果、TMS3級実践者が所属するチームの労働生産性が10%〜20%以上改善されていきます。

知識の習得だけで終わることなく、ムダが目に見えて現れます。

お客様にとって価値のある仕事とは何かを考え、自らの手で定義しなおし道具を使ってチーム全員で価値を増やしていくことで、お客様にとって喜ばれ、自分たちも嬉しくなるという前向きな仕事のサイクルに変えていきます。