世界の一流企業で組織開発を成功させてきたTMSとは?

TMSとは

 TMS(Toyota way Management System)は、 経営層、中間管理職、チームに対して自律型マネジメントを実践レベルで素早く導入し、世界でトップレベルの組織体質を作り上げるプログラムとしてその有効性は世界の一流企業に認めて頂いています。このプログラムは大組織向けに設計されていますが、中小企業様にも十分適用することができます。10人規模の企業様でも十分有効性を認めて頂いています。TMSのプログラムの開発自体も、デザイン思考、アジャイル、リーンスタートアップ的な手法を使って開発されており、この10年間で常に進化し続けています。当初は、チームレベルのプログラムであったのが今では、経営層、中間管理職を対象に業種も総務・人事などの間接部門、営業部門、設計・開発部門、運用部門などあらゆる部門に適用可能なようにデザインされています。特に、TMS3級プログラムは、Scrumなどのアジャイル開発に1日程度の研修を行うことですぐにスクラムが実践できる能力をつけることができます。実践力では、Scrumマスターを遥かに凌駕する実践力が身につきます。当プログラムは、下記の10の視点をすべて包含しておりいかなる研修会社、およびコンサルタント会社がもつプログラムよりもパワフルにデザインされています。

  1. マネジメントの視点
  2. リーンの視点
  3. 実践の視点
  4. 組織開発の視点
  5. アジャイルの視点
  6. イノベーションの視点
  7. 働き方の視点
  8. 多様性の視点
  9. 日本文化の視点
  10. 生きがいの視点

 最近では、世界的に高い評価と実績を得られています。世界の最先端企業である日米の飛行機製造メーカー、日本の最大手ITベンダー、製薬会社様など幅広い業種と世界のトップ企業に採用されている実績は日本でしか導入されていない他のマネジメント手法や研修の追従を許しません。特に最近では、ヨーロッパ(イタリア、オランダなど)から特に着目されており、日本のマネジメントの良さを海外の人たちが学ぶようになってきています。

 TMSは、職場を活性化し成果を生み出すためのマネジメントそのものです。「人間性尊重」の考え方に基づき、仕事を通じて、やりがい、働きがい、達成感を味わい、自己成長、自己実現につながる考え方と方法論を学びます。TMSは、経営的成果の正しい導きだし方を学ぶことができます。経営的成果に至るプロセスを重要視します。集団や組織が仕事のやり方、考え方を変えることで、生きがいを感じ、成長していくための「道標(みちしるべ)」 となります。

またTMSは経営層から実務者まで広くカバーしています。組織全体が共通の価値観でマネジメントに取り組める環境を構築できるので、情報伝達のスピードが飛躍的に向上し、現代に求められるスピード経営を実現することが可能です。

Translate »