多くの企業で組織改革を成功させてきたTMSとは?

TMSとは

TMS(Toyota-way Management System)は、 マネジメントの本質を正しく理解し、実践を通じて活用できることを目的として研究され、トヨタ生産方式(TPS)の考え方をベースに生まれたリーンやアジャイルといったマネジメント手法から、より効果の高い要素を融合させて作られたトータルマネジメントシステムです。

TMSは、職場を活性化し成果を生み出すためのマネジメントそのものです。「人間性尊重」の考え方に基づき、仕事を通じて、やりがい、働きがい、達成感を味わい、自己成長、自己実現につながる考え方と方法論を学びます。TMSは、経営的成果の正しい導きだし方を学ぶことができます。経営的成果に至るプロセスを重要視します。集団や組織が仕事のやり方、考え方を変えることで、生きがいを感じ、成長していくための「道標(みちしるべ)」 となります。

またTMSは経営層から実務者まで広くカバーしています。組織全体が共通の価値観でマネジメントに取り組める環境を構築できるので、情報伝達のスピードが飛躍的に向上し、現代に求められるスピード経営を実現することが可能です。

Translate »