堀切 俊雄 Horikiri Toshio

代表取締役

プロフィール

1966年トヨタ自動車に入社。ボディ国内生産ラインの工程設計および設備計画に携わる。またTPSにより堤工場の工程改善を推進する。その後国内での業務経験を基に、1979年から海外のトヨタ合弁会社の生産ラインの工程設計、設備計画、TPS(工程改善)に関わり、東南アジア・オーストラリア・ニュージーランドなどの国々を担当、ボディ工程、塗装工程、組立工程、部品会社の指導に当たる。

1987年から台湾の自動車製造・販売会社である国瑞汽車へ出向。国瑞汽車では、技術部兼製造部部長として、車両・部品の開発設計、生産管理、そしてTPS(工程改善・物流改善)の統括と推進業務に携わり、これまでの経験と実績を生かし業務執行の指揮を執る。また1990年からは海外生産企画部において、台湾・インド・パキスタンなどの生産事業計画およびTPSの指導に携わる。

1994年から中国部、海外生産企画部において中国商用車P/J及び乗用車P/Jの企画・推進、航天PJ・上海PJ、四川PJ、天津PJの企画と推進に関わり、2000年からは元町工場GPC(海外支援センター)にて東南アジア・オーストラリア・インドの海外工場のTPS指導にあたる。国内の業務で培った経験を基にトヨタの海外の工場に応用、展開した。またトヨタの基本であるTPSの精神を海外の工場に移植し成長させた。

2002年に豊田エンジニアリング株式会社を設立し、代表取締役に就任。また2008年には株式会社豊田マネージメント研究所を設立し、代表取締役に就任。現在、日本においては、自動車部品会社、飛行機部品会社などTPSを指導、また中部産業連盟の講師および日経BPセミナー講師として従事し、またアメリカでは、飛行機会社、自動二輪会社などTPSを指導、そして中国では電子部品、自動車会社など、TPSを指導している。

担当分野

  • TMSマネジメント全般
  • TMSマネジメント理論と実践指導
  • 人と職場の活性化による企業の改革始動
  • 原価企画、原価計画、原価低減の進め方指導
  • 脳の活性化まで踏み込んだ社会の運営塾と改善塾
  • 豊富な海外ビジネス経験を活かしたグローバルビジネスプラン

実績

  • 日本、アメリカ、中国、韓国一流企業の経営管理指導
  • ドイツで3年連続TMSマネジメント理論を講演
  • 日経ビジネス講演会講師、中産連コンサルタント
  • 各種ビジネス講演会講師
  • 最新のトヨタ生産方式(TotalTPS)を日経PB社より出版

経歴

  • 九州大学/工学部/航空学科 卒
  • 名古屋工業大学/大学院 卒 / 産業戦略修士
  • トヨタ自動車に36年間勤務(生産技術、海外プロジェクト担当など)
  • (株)豊田マネージメント研究所創立、代表取締役

所属団体・学会

  • TMS&TPS検定協会 理事長